成年後見なら、大阪成年後見相談所まで

成年後見パンフレットプレゼント
大阪成年後見相談所へお電話でのお問い合わせ
大阪成年後見相談所へメールでのお問い合わせ
成年後見のことは、地元大阪の専門家にご相談ください

法定後見制度とは

すでに判断能力が衰えている方のために、家庭裁判所が適切な支援者(後見人)を選ぶ制度です。

選ばれた支援者は、本人の希望を尊重しながら、財産管理や身のまわりのお手伝いをします。

本人の判断能力の程度に応じて、次の3つのタイプにわけられます。

 補助/判断能力が不十分である
 保佐/判断能力が著しく不十分である
 後見/ほとんど判断することができない

法定後見制度タイプ図

法定後見制度の流れ

1.申立て

本人や家族が家庭裁判所へ後見を開始する申立てを行います。
申立てについて詳しくは、「法定後見の申立て」のページをご覧ください。

2.家庭裁判所の審判

家庭裁判所は、後見を開始してよいかどうかを調査し、開始の判断をします。必要な場合は、成年後見人を選びます。

 調査

家庭裁判所調査官が事情を尋ねたり、関係者にヒアリングを行います。

 精神鑑定

本人の判断能力がどの程度かを正確に把握する必要がある場合は、医師が精神鑑定をします。

3.後見の開始

後見人が選ばれ、後見のサポートが開始します。

大阪成年後見相談所へお電話でのお問い合わせ
お問い合わせ