成年後見なら、大阪成年後見相談所まで

成年後見パンフレットプレゼント
大阪成年後見相談所へお電話でのお問い合わせ
大阪成年後見相談所へメールでのお問い合わせ
成年後見のことは、地元大阪の専門家にご相談ください

成年後見が開始した後には、登記が必要ですか?

成年後見制度を利用する際には、大きく①開始②変更③終了の、3つの登記が必要になります。

① 開始時の登記

 後見開始の審判がされたときには・・・法定後見開始の登記

 任意後見契約の公正証書が作成されたときには・・・任意後見開始の登記

② 変更時の登記

 本人や成年後見人に、住所変更などの登記情報に変更があった場合は・・・変更の登記

③ 終了時の登記

 法定後見が終了したときには・・・法定後見終了の登記

 任意後見が終了したときには・・・任意後見終了の登記

開始時に本人の本籍・住所・氏名や後見人の住所・氏名などが東京法務局の「後見登記ファイル」に登記されますが、これは家庭裁判所や公証人の嘱託によって登記されます。しかし、本人や成年後見人に、住所変更などの登記情報に変更があった場合には、変更登記の申請が必要となります。後見が終了した場合も同様となります。

大阪成年後見相談所へお電話でのお問い合わせ
お問い合わせ